Loading App ..

おしらせ  (宅配会員限定)宅配注文のウェブ受注開始!こちら
おしらせ  『ポランの森ベジタ便』はリニューアルのためしばらく休止させていただきます。
おしらせ  食品放射線測定結果を随時お知らせ致します こちら
オススメ商品情報

糀がふわっと浮かぶ、浮糀みそを作りましょう 栃木・小野崎糀店

代表の小野崎晴雄氏は一九五七年生まれ。物静かで、多くは語らないが、その人柄は実直そのもの。小野崎家では、明治の前までは醤油作りを行っていたが、世の中が変わり、酒作りへと家業を転向。昭和に入り、酒作りから、糀作りに専念。大戦後、味噌作りを本業に、創業以来、糀作りを生業として、現在に至ります。

一九七九年に、マクロビオティックを学んだジョン・ベラミさんが、アメリカから、小野崎家にやってきたことから、オーガニックに賛同し、一九八〇年代から、原材料の玄米、米、麦、大豆を有機栽培に変えました。当時は、有機の認識が希薄な時代、親戚の農家に有機栽培への転換をお願いしたそうです。現在は、JONA会員(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)日本有機農業研究会に所属しています。

「味噌づくりで特に気をつけていることは、良質の原材料。作業工程では、糀づくり、良い糀を作ることが、美味しい味噌を作ることになります。糀は、昔ながらの方法で、四日間かけて、ていねいに作ります。そして、杉の木桶で天然醸造、一年〜一年半をかけて、発酵・熟成させます。おいしい味噌を作ることはむずかしいことですが、日本伝統の基本の調味料です。大切に作り続け、次の世代に伝えていければ、と思っています。」と、小野崎さん。

糀が良くできると、糀菌が米の内部をきれいに食べ、外側だけが残った状態=浮糀になるそうです。みそ汁にした時に、香りと共に、糀がふわっと浮き上がる、これが小野崎糀店の浮き糀味噌。小野崎商店の糀で、浮糀みそを、手作りしてみませんか?

『手前味噌』はじめて、味噌作りにチャレンジして、手前味噌ですが(笑)大成功と喜んでいます。塩を1kgでやったので、少々塩辛いですが、今度は塩の量を少し加減してみようと思います。友人が麦麹で作ると甘くて美味しいと言っていたので、これも挑戦してみようと思います。生まれてはじめて、娘に味噌作りを教わった母は、麹も自分で作ろうと冬にむけて燃えています。Hさん/再録

『手前味噌』。味噌完成です(?)体調の悪い中、相棒のフェザー級の小2の孫が、豆ふみしたので、豆の多い味噌玉で最悪の状態。5月に天地がえをした時には、空気が入ってしまったらしく、中の方にもカビが発生。数時間かけて、カビを取り、半分は、あきらめていたのですが、先日「どうかな?」と見たら、立派にみそらしき物に、なっている様です。来週は、小2の孫に、おすそ分けして、自分で管理させてから、食べる様に渡すつもりです。Nさん/再録

小野崎糀各種 3週間後の配送

糀は生きています。5℃以下の冷蔵又は冷凍で、2週間日持ちますが、糀の力は徐々に弱まる為、お早めにお使い下さい。

5333 玄米糀1kg 1270
5334 〃ダブル1kg×2 2432←2540
5335 米糀1kg 1020
5336 〃ダブル1kg×2 1952←2040
5337 麦糀1kg 1270
5338 〃ダブル1kg×2 2432←2540

コラム

I・COM試食祭り出店報告

クリップボード02開催日 10月8日(土曜日)
時間  午前11時~15時まで
会場  I.COM駐車場にて
(雨天の場合は店内で)
住所  かすみがうら市戸崎2613
連絡先 tel029-828-2198 アイ・コム

 

秋の三連休の初日、あいにく秋晴れとほど遠く、雨の予報で、今回は、店内に開催することになりました。

クリップボード03店内は、入口正面に、パンが勢揃い!大きな食パンや野菜を上手に取り入れたオリジナルのパンなどが並ぶ。
カフェスペースに桜井さんたちが、鉄板!の干し芋や試作重ねて重ねて冷凍の長芋やレンコンのすり下ろし、そしてキュウリの総菜…何れもまずは試食をと、来店された方々にお勧め!干し芋は、白く粉が吹いて、美味しさズシンと伝わってきます。「白く粉が吹いているだけど、カではないですからね、糖分ですから」と桜井さん。皆さんのこの試食で、干し芋の美味しさを実感!もちろんお買上げ頂きました。☆今回試食販売した冷凍すり下ろしは近々ベジタでも販売します。
さてわれらがベジタは、春からの波乱の天候が続き、留め?は阿蘇山大噴火!?天候不順で端境期!!?でもこの日の為に熊本からみかんを出荷頂き、こちらも試食大作戦!!極早生は酸味が強いと思っていたのですが、今年のはグッと味ののりもよく、試食大作戦!成功?!!何しろ1月下旬に強烈な寒波で30cmの積雪、レモンの樹は、2/3が枯れてしまったほど、比較的被害の少なかった貴重なみかんです。
中根農園の中根さんは、消防団の集まりで、出店出来ず!でした。
さて恒例の反省会は、桜井さんや、中根さん、さまざま抱える問題が深刻!?特に野菜の状況は、下記のように今後の見通しが立たないほど…なかでも来春の種ジャガ不足、不足と言うより手に入らないのでは?北海道を襲った台風10号で壊滅的…。そして流通を取り巻く状況も一段と厳し~い。中根さんは、これまでほぼ全量出荷していた取引先から、来期作付ゼロの通知!すでに秋冬に播種しているものもあり、「農薬を使って一般市場に出すしかない」と悲鳴にちかい。常総センターはずって維持してきた自社の出荷配送便が、これまた取引先集荷便にとって変わられる!?エエッと言った事態に、何とか知恵を絞って力を合わせて、乗り切る!!…
また今後の開催については、試食や野菜の直売などを毎週実施し、月に1回はこれまで通りとなりました。

2016年10月前後半野菜状況  ~10月6日常総センター~

野菜の値段の高騰い悲鳴があがっているのは消費者だけではなく、生産の現場でも途方に暮れています。
猛暑、雨不足から一転、台風・長雨で野菜が育たない。枯れる、病害虫の多発、減収。九州や北海道のような大被害ではなかったけれど、野菜の姿が見えて来ない。萩原君のブロッコリー4000株が水分不足で、100株ぐらいしか生き残っていません。出荷は出来なくなりました(他の人も少ない)。栗は殆ど出荷中止、長ねぎは大減収で遅れ、更に心配は北海道産の種じゃが芋が確保できるかとうかです。経験したことのない事例が多発しています。

状 況

①レンコン…肥大直前、台風の強風で、茎、葉が吹き飛ばされ、かなりの減収、まともでない田んぼが多く、欠品・調整があり得ます。
②ごぼう…思わしくありません。沼本君はネキリムシの被害で4分の1ぐらいしか出荷できません。
③長芋…前年のもので冷蔵貯蔵していました。新ものは10月後半~11月なので、空白が出ます。前年ものは現在週1トン男ペースで出ているので、いつなくなるか予想がつきません。
④里芋…問題なし
⑤さつまいも…問題なし
⑥人参…何人かの生産者は水不足で播けず、出荷が遅れますが、1名だけ早まきをしたので、その分わずかでしが10月末に出荷できそうです。
⑦切り干し大根、⑧スダチ、⑨乾燥いも、⑩パウダー類は問題なし、但しアシタバは原料不足で休んでます。
⑪ブロッコリー…11月末かも、生産者1名は息子さんを亡くして作付をやめています。
⑫長ねぎ…ネキリムシや生育不良で大幅遅れです。

コラム

5月22日「あおぞら保育園バザー」出店しました

日時:5月22日(日)午前10時~午後2時
場所:つくば市竹園公園(つくばエポカル隣)
内容:野菜や果物・超特価見切り品

クリップボード07今年も年二回恒例の「あおぞら保育園」のバザーに出店しました。昨年秋のバザーは前日から雨が続きやきもきしましたが、今年は、前夜に「にわか雨」あったものの、朝からぴーかん!夏のような天気でした、暑かった!いつものように店作りにかかり、テーブルを並べ、野菜に果物、そしてアイスキャンデーと進んだところで、訪れた男の子が、「アイスクリームありますか?」エッ覚えていてくれたんだ!これが本日のアイスクリップボード08キャンデー狂騒曲のスタートになるとは…その後もアイスキャンデー下さいの声がほとんど切れることなく、並べる野菜がテーブルの下でいつまでも待機中となりました。まぁ何とか一息ついたのはお昼過ぎ…。まことにありがたいことです、秋そして春と2回のバザーでの出合い、一期一会、ただただ感謝…。そしてもうひとつが「りんご」でした、例年、この時期はりんごが残っているかどうか微妙な時期なのですが、幸い、今年は並べることができました。ゆっくりと試食をだしながらといつものように考えていたのですが、何故かお子さんたちから「りんご下さい」の声が続き、エエッこちらも並べたものがほぼ完売!ちょっとびっくりしながらも、これまたありがたいこと、感謝。暑かったけど、いつもながらお子さんたちにたくさんの元気をもらい、老いぼれつつある己に活!この子らに誇れる未来が残せるよう、今を頑張ろう!!