Loading App ..

おしらせ  (宅配会員限定)宅配注文のウェブ受注開始!こちら
おしらせ  『ポランの森ベジタ便』はリニューアルのためしばらく休止させていただきます。
おしらせ  食品放射線測定結果を随時お知らせ致します こちら
オススメ商品情報 食品

田畑の土壌を浄化し、循環を促す麦の力

のどかな風景が広がる鹿沼市千渡の田園地帯。農閑期は、どこの田んぼも休耕し、辺り一帯は地味な土色に覆われています。そんな風景の中で、ひときわ目立つのが、青々とした麦畑。それらは全部、田島さんの畑です(写真右:収穫間近の麦畑は、より一層金色の度合いが増し、風に揺られると金色の海原となる、美しい風景です)。

田島さんの自宅周辺には、麦畑が、数カ所に分かれて点在しています。大麦が計八〇アール、小麦が計四五アールほどで、大麦(六条大麦)は出荷用、小麦(農林六一号)は自家用として作ってています。大麦は、お父さんの代から、つくり続けてきましたが、小麦は、田島さんが、十五年ほどまえから、土づくりのために、育て始めたそうです。

かつては、米の「裏作」としての麦づくりは、どこの農家でも行っていましたが、時代が変わり、いまでは、田島さんのところだけ。「麦は、土をフカフカにしてくれます。土壌の循環を促進し、余計な肥料分を入れなくても農作物がよく育つなど、田畑輪換には、欠かせません」と、田島さん。根菜類や葉物などの畑作がメインの田島さんのところでは、麦は「輪作」の一環として大事な作物です。吸肥力の強い麦の根は、根菜類や葉物をつくって肥えた畑を適度に痩せさせてくれる…。つまり、土の中の余分な養分を吸い、土壌をバランスのよい状態に戻してくれるというわけです。同時に、麦の茎を畑に入れると、土中の通気性を促進し、また、分解が遅いので肥料分が、ゆっくり効いてくれるというメリットもあるのだそうです(写真左:2月下旬の麦畑に立つ田島さん)。

「輪作の中に麦を組み込んでいくと病害虫が発生しにくくなり、また、根菜類や葉物がおいしく育ちます。先人の知恵と自然の力は本当にすごいと思いますよ。毎年、収穫した小麦を自家製粉してつくる手打ちうどんの味は格別です。香り・甘味など小麦本来の味が楽しめ、とても贅沢な気分になります。麦蒔きが終わると『これで来年もいい土ができる』とホッとします。よくよく考えれば、麦づくりは、有機農業の第一ステージなのかもしれません」と、田島さん。
そんな田島さんが、馴染みの製麺屋さんに頼んで、毎年作っているという『田島うどん』を、今年は、多めに製麺して頂きました。ぜひ、釜揚げで、その風味を味わってみて下さい。


(写真上:自宅の納屋にある製粉機で、自家用は製粉します。手打ちうどんは、ご家族皆さんの大好物だそうです。)

2424 地粉うどん(田島さんのうどん)太250g 265
2425 地粉うどん(田島さんのうどん)細250g 265
2444 地粉うどん(田島さんのうどん)太・細250g*2 509←530

コラム

I・COM試食祭り出店報告

クリップボード05前日の春一番で強風と4月?並みの気温から、うって変わって冬に逆戻り!冷たい風が、体感気温をグッと押し下げる一日、と言うことで今回は店内で開催とあいなりました。

クリップボード03昨年初夏?から店内のレイアウトを変更し、入口正面に、〝よつ葉〟のパンが勢揃い!大きな食パンや野菜を上手に取り入れたオリジナルのパンなどが並ぶ。カレーパンや塩パンなどニューフェイスも登場!まだまだ深化中のパン、次回はどんなパンが並んでいるのか楽しみ、是非お立ち寄り下さい。
カフェスペースに桜井さんたちの鉄板!今回は〝焼き芋〟そして〝切り干し〟が大きなスペースを割いて並んでいます。切り干しは今期から、亀戸大根がメイン、自家採種も今後は進め、原料からオリジナルな切り干しにして行くと桜井さん。そして切り干しの総菜(煮物)もパッケージが固まり、一括表示などを整えるなど、販売間近です!試食は、落花生と栗、栗は冷蔵しておいたものをこの日の為に、桜井さんが茹でたもので、希に虫食いがある?ものの、美味しいですね。そして、マスコミで取り上げられ一挙に品薄状態の落花生ですが、規模は小さいながらも、栽培から炒りあげるところまで、取り組まれている生産者のものを販売!こちらは、近日中に、ベジタにも出荷頂けることになりました!!
さてわがベジタ、ミカン類とリンゴをメインに、見切り品を取りそろえ出店、みかんは試食をしていただきながら販売クリップボード04。いつもお越し頂いている方々、そして会員の皆さんにご利用頂きました。晩生の青島みかんは、ほんとに人気です!
中根農園の中根さんからは、ほうれん草や小松菜などお得意の菜っ葉類をメインに販売。
お越し頂いた会員さんから「蓮根の田んぼに白鷺、そして農家の方が作業をされていたようですが、何をされていたのでしょうか?」との質問を頂き、さっそくその場で桜井さんに答えて頂きました。『今の時期は、収穫(掘り取り)と、種の植え付けの準備に田んぼの中をならしていたりするんですよ』とのこと。『収穫もね、井戸のあるところはいいんだけとね、水温が15℃あるからね、井戸が掘れないところは、川の水を使うしかなくて、これが冷たいんですよ。腋のした迄来る長ぐつ、多少防寒性はあるんですが、半日が限界です。体が冷え切っているから、熱い風呂に入ったのに、お湯が冷たくなってしまうんですよ。ほんと冷えるから体には良くないよね、だから、みんな腰痛や冷え、関節痛など、病気を抱えているよね』と桜井さん。蓮根のことから、農業を取り巻く現状、そして地域のことなど、話はつきませんでした。来月も3月18日に開催の予定です、是非、試食を楽しみながら、桜井さんと、いろんな話をしてみませんか?

クリップボード02開催日 2月18日(土曜日)
時間  午前11時~15時まで
会場  I.COM駐車場にて
(雨天の場合は店内で)
住所  かすみがうら市戸崎2613
連絡先 tel029-828-2198 アイ・コム

コラム

I・COM試食祭り出店報告

クリップボード02開催日 10月8日(土曜日)
時間  午前11時~15時まで
会場  I.COM駐車場にて
(雨天の場合は店内で)
住所  かすみがうら市戸崎2613
連絡先 tel029-828-2198 アイ・コム

 

秋の三連休の初日、あいにく秋晴れとほど遠く、雨の予報で、今回は、店内に開催することになりました。

クリップボード03店内は、入口正面に、パンが勢揃い!大きな食パンや野菜を上手に取り入れたオリジナルのパンなどが並ぶ。
カフェスペースに桜井さんたちが、鉄板!の干し芋や試作重ねて重ねて冷凍の長芋やレンコンのすり下ろし、そしてキュウリの総菜…何れもまずは試食をと、来店された方々にお勧め!干し芋は、白く粉が吹いて、美味しさズシンと伝わってきます。「白く粉が吹いているだけど、カではないですからね、糖分ですから」と桜井さん。皆さんのこの試食で、干し芋の美味しさを実感!もちろんお買上げ頂きました。☆今回試食販売した冷凍すり下ろしは近々ベジタでも販売します。
さてわれらがベジタは、春からの波乱の天候が続き、留め?は阿蘇山大噴火!?天候不順で端境期!!?でもこの日の為に熊本からみかんを出荷頂き、こちらも試食大作戦!!極早生は酸味が強いと思っていたのですが、今年のはグッと味ののりもよく、試食大作戦!成功?!!何しろ1月下旬に強烈な寒波で30cmの積雪、レモンの樹は、2/3が枯れてしまったほど、比較的被害の少なかった貴重なみかんです。
中根農園の中根さんは、消防団の集まりで、出店出来ず!でした。
さて恒例の反省会は、桜井さんや、中根さん、さまざま抱える問題が深刻!?特に野菜の状況は、下記のように今後の見通しが立たないほど…なかでも来春の種ジャガ不足、不足と言うより手に入らないのでは?北海道を襲った台風10号で壊滅的…。そして流通を取り巻く状況も一段と厳し~い。中根さんは、これまでほぼ全量出荷していた取引先から、来期作付ゼロの通知!すでに秋冬に播種しているものもあり、「農薬を使って一般市場に出すしかない」と悲鳴にちかい。常総センターはずって維持してきた自社の出荷配送便が、これまた取引先集荷便にとって変わられる!?エエッと言った事態に、何とか知恵を絞って力を合わせて、乗り切る!!…
また今後の開催については、試食や野菜の直売などを毎週実施し、月に1回はこれまで通りとなりました。

2016年10月前後半野菜状況  ~10月6日常総センター~

野菜の値段の高騰い悲鳴があがっているのは消費者だけではなく、生産の現場でも途方に暮れています。
猛暑、雨不足から一転、台風・長雨で野菜が育たない。枯れる、病害虫の多発、減収。九州や北海道のような大被害ではなかったけれど、野菜の姿が見えて来ない。萩原君のブロッコリー4000株が水分不足で、100株ぐらいしか生き残っていません。出荷は出来なくなりました(他の人も少ない)。栗は殆ど出荷中止、長ねぎは大減収で遅れ、更に心配は北海道産の種じゃが芋が確保できるかとうかです。経験したことのない事例が多発しています。

状 況

①レンコン…肥大直前、台風の強風で、茎、葉が吹き飛ばされ、かなりの減収、まともでない田んぼが多く、欠品・調整があり得ます。
②ごぼう…思わしくありません。沼本君はネキリムシの被害で4分の1ぐらいしか出荷できません。
③長芋…前年のもので冷蔵貯蔵していました。新ものは10月後半~11月なので、空白が出ます。前年ものは現在週1トン男ペースで出ているので、いつなくなるか予想がつきません。
④里芋…問題なし
⑤さつまいも…問題なし
⑥人参…何人かの生産者は水不足で播けず、出荷が遅れますが、1名だけ早まきをしたので、その分わずかでしが10月末に出荷できそうです。
⑦切り干し大根、⑧スダチ、⑨乾燥いも、⑩パウダー類は問題なし、但しアシタバは原料不足で休んでます。
⑪ブロッコリー…11月末かも、生産者1名は息子さんを亡くして作付をやめています。
⑫長ねぎ…ネキリムシや生育不良で大幅遅れです。